投稿記事一覧


2020-03-30 : 「ミャンマーにおける投資環境についての一考察」

振返ると、この3年間で20回近くのミャンマー出張をしていた。

小職の場合は、殆どが中小企業をサポートする専門家としての同行出張であり、バガン遺跡などの観光地を訪れた経験が今のところない。まだまだミャンマーという国、人々の本質を知るには時間が必要だと感じている。

 

ミャンマーにおけるビジネス・投資環境についてだが、

2018年8月に新会社法が施行されて、会社の登記手続きは大幅に簡略化された。
しかし、

許認可等の手続きは相変わらず時間がかかっていると聞く。役所の担当部署により対応状況が異なるのが実態のようだ。人は簡単には変われない。

 

現在、小職の印象では多くの日本企業がミャンマーへの投資を進めているように思えるが、今年3月に発表されたJETROの「貿易・海外進出への取り組み方針と、各国のビジネス環境評価」によると、

「海外で事業拡大を図る国・地域(海外進出)」の調査ランキングでは、

2019年度は13位(調査中の10.5%)と2016~2018年の14位と一つだけランクを上げたが、

1位の中国(48.1%)、2位のベトナム(41%)、3位のタイ (36.3%)と比べるとまだまだ大きな開きがある。やはりインフラの整備がまだ不十分、ロヒンギャ問題などがいまだ未解決とかの印象も影響しているかもしれない。

 

喫緊の課題であるコロナウィルスの状況だが、先週ついにミャンマーでも罹患者が見つかり、一気に緊張ムードになっていると聞く。グローバルで物事を見ないといけない時代だが、この影響で半年から一年近くの停滞が出ると推測される。しかし、収まったその後は、投資が一気に進む可能性がある。

 

現在、小職が支援している企業の中に縫製業の会社がある。

中国の工場に加えてミャンマーでの工場建設を検討している。原材料は中国から輸入して

製造する計画であるが、今回のコロナウィルスの件で、中国だけの原料調達リスクを痛いほど感じているとの事で、原料についてもチャイナ+1を早急に検討する必要があると同社の社長が話をされていた。

 

スー・チー国家顧問が率いる国民民主連盟(NLD)政権の求心力が低下している中で、本年11月に総選挙が行われる。NLDが政権を維持出来るか否かで投資環境は大きく変わってくると思われるが、日本企業からの投資は引続き増えていくと思われる。

2年~3年先には、より多くの投資がミャンマーでされる事を期待している。

 

2020年3月28日

酒向 記


2020-03-30 : ヤンゴン近況(2020/03)

ヤンゴンの活況は、いまだ薄れていないようです。

大型プロジェクトは、進行中または、計画中のものが多く、人々の消費意欲は、依然活況(市場の雰囲気より)を呈しています。

コロナは、蔓延しているはずですが、まったく意に関せずといった雰囲気を感じます。

先日 タイのアマタグループが、ダゴン東部(ヤンゴン中心より北東へ20Km・国道2号線沿線)に800ヘクタールの新工業団地をミャンマー政府と合弁で作る計画を発表し、日系企業の参入を呼び掛けています。ダゴン地区は、もともと多くの地場産業工場がありヤンゴン・マンダレー鉄道の沿線でもあり将来性の高い場所だと思います。

コンドミニアムという名称の集合住宅と商業施設の地域開発は、随所に見られ当社から都心に向かうパラミ駅近くにも韓国企業による「INNO CITY」なるものが作られておりミャンマー人の目からすると韓国の方が、勢いがあるように映るようです、若者に興味あるものを聞くと恥ずかしそう(申し訳なさそう)に「K PoP」「K-Cosme」「韓国ドラマ」とかえって来ました、「KAWAII」「AKB48」は、知らないそうです、日本の存在感が薄くなっています。

当社の目の前でも不動産開発(宅地開発?担当者は、詳細知らず)が始まり、良いお客さんになってくれています。開店以来周辺に同業者が、増えて来て資金不足と人材不足のため焦りを感じる状況です。

井口

写真:右から、旧庁舎1改、旧庁舎2改、向かいの開発風景


2020-02-19 : 令和2年の春を迎えて

令和2年の春を迎えて

                                                                                                                代表社員 都築 治

令和2年、新年を迎えて早やひと月が過ぎました。当社は、平成7年に経営コンサルタントの集団として創業しましたが、平成29年新しい社員を加え、合同会社に組織を変更し、新規設立したものです。設立して間もない会社ですが、おかげさまでまずまずの成果を上げています。

ミャンマーでの新会社設立支援、講演活動、ミャンマーでの拠点確保、他団体への協力・支援等々です。

米欧の経済制裁等によるミャンマーの不遇な時代にも、我々は何度もミャンマーに訪れ様々な活動をして来ました。ボランティア的な活動になってしまいましたが、経済界の重鎮たちの知遇を得ることができました。これが現在の当社の武器になっています。財界とのネットワークの信頼度では、他社の追随を許すものではありません。

ミャンマーは本年11月に総選挙があり、ラカイン州の問題、少数民族の問題等々を抱えて多難ですが、今年度の経済成長率は6%を超える高い伸びが期待されています。我々はミャンマーとの強い絆を活用して、微力を尽くして本年も頑張りますので、一層のご支援のほどをお願いいたします。

                                                                                                                      令和2年2月1日


2019-11-06 : 講演「ビジネスマッチングのポイント:合弁事業のケース」

11月2日にNPO法人アジア中小企業協力機構主催のセミナーで講師をさせて頂きました。

本セミナーでは、JMEICの米村理事長がJMEICの活動についてお話しされた後、「ビジネスマッチングのポイント;合弁事業のケースという題で、TCMミヤンマーがサポートして初めて実現した日本とミヤンマーの中小企業の合弁事業の例をお話し致しました。

まだ、企業名は公開できませんでしたが、ミヤンマーでのビジネスマッチングの会場でミヤンマー企業から日本企業との合弁を希望している情報を得たのち、相手となる日本企業様を探し、双方の企業訪問のアレンジや戦略・事業計画についての摺合せから合弁契約の成立までの間のTCMミヤンマーの役割について説明しました。

セミナーの後、参加者からいくつもの質問があり、中小企業の合弁事業への関心の高さが感じられました。

 

個別のご相談もお受けしております。


2019-07-14 : ミャンマー祭り 2019

恒例のミャンマー祭りが、芝増上寺で令和元年5月25日(土)、26日(日)の両日開催されました。
好天に恵まれ30℃を超える猛暑日でしたが、大変多くの来客を頂けました。
当社の提携団体の一般社団法人日本ミャンマー友好協会はブース2つを確保致しました。

・写真の掲示、・タナカの石鹸販売、・「さくら観光社」の旅行案内、・ミャンマー最大の化粧品会社「シュエピィナン社」の化粧品紹介等を行いました。
当ブースへ駐日ミャンマー大使、阿部昭恵総理夫人、多くの方々に訪れて頂きました。


2019-01-07 : 謹賀新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年度も、引き続き、皆様のお役立ちを目指して、
社員一同、誠心誠意を尽くし邁進して参ります。

本年も、何卒倍旧のご支援賜りますようお願い申し上げますとともに、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

さて、
今年もミャンマーは活気あふれる一年が予測出来ます。
ヤンゴン中心市街地と川の対岸を結ぶ大架橋の建設が新たに始まりました。
韓国が事業費の大半を政府系開発援助(ODA)で融資し、対岸に工業団地も整備するものです。
*ヤンゴンでは「人口1000万人」のメガ都市に発展する可能性があると云われています。
ミャンマーは今、日本と中国の協力も得ながら、市内を流れる河川への架橋と、
対岸の住宅地や工業団地の開発が急ピッチで進んでいます。

*日本の援助で架け替えが進む、バゴー橋。
*中国国有企業が事業権獲得の見込みの、ヤンゴン西部。(橋の建設も含む)
*韓国の援助で着工開始した、ダラ橋。


2018-12-27 : 皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。

本年も残すところあと僅かとなりました。
様々な出来事がありましたが、無事に一年を過ごせましたのも
皆様の多大なご支援のお陰であり、大変感謝しております。

来年も何かとご支援を賜るかもしれませんが、
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年には、また元気な姿で皆様とお会いできます事を楽しみにしております。
よいお年をお過ごし下さいませ。

TCMミャンマー 社員一同


2018-08-28 :  講  演

第94回セミナー < IT ビジネスの海外進出 2  >

2017年8月23日(木曜日) 参加者:47名 <主催:スクエアfreeセミナー>にて、

「アジア最後のフロンティア ミャンマー」〜まだ今からでもビジネス参加に間に合う!〜と題して講演して参りました。

「日本は少子高齢化の時代に突入し、一億総活躍社会の実現に向けた「働き方改革」が推進されていますが、一方で「ヒト・モノ・カネ・情報」などが国境を越えて行き来するグローバル化への取り組みも進んでいます。例えば東南アジアの各国は「経済特区」を整備して外資系企業を誘致するなどの積極的な施策を取っています。また、これらの中にはITに特化した経済特区もあります。
そこで、今回は以前一度テーマとして取り上げました「ITビジネスの海外進出」の第2弾として、積極的なグローバル化を推進しているアジア各国を取り上げて、参加者の皆様に今後のビジネス展開を考える上で参考になる情報をお届けする場としてセミナーを企画」

(合弁会社TCMミャンマーは、下記内容で講演)

海外ビジネスの中でも比較的難易度が低く感じるアジアへの投資先として、また国内の人材不足を補完する技能実習生の送り出し先として、最近注目されているミャンマーの最新の概況から政治、経済、文化を、そして日本人と相性が良いと言われるミャンマー人の気質について、ミャンマー経験20年以上のコンサルタントが、その付き合い方とそこでのビジネス成功の秘訣を交えてミャンマーをご紹介致しました。

   講師:都築 治    (合同会社TCM ミャンマー コンサルタント)

講師:井口 久生 (合同会社TCM ミャンマー コンサルタント)

 

■■■弊社はご要望に応じセミナー等講演のご依頼をお請けして参ります。どうぞお気軽にご相談くださいませ。■■■


2018-08-17 : ミャンマー進出(会社設立)サポート

■ 2018年8月1日 ミャンマー新会社法が施行スタートしました。
8月9日 TCMミャンマーにおきましては、新法下での設立サポート 第一号案件となりました。

現地KBZ銀行の日本担当者の方より『こんな早いのは、珍しい 新法での日本社第一号ではないか!!』と云って頂きました。また、現地弁護士の方からも『ミャンマー内でも注目ではないですか!!』と‥‥。(嬉しいお言葉です)

この経験を活かし、これからも多くの企業様サポートに尽力して参ります。


2018-08-01 : ミャンマーの経済成長率はアジアでNo.1に

ミャンマー投資委員会(MIC)のタウン・トゥン議長は、ミャンマーの経済成長率はアジアでナンバーワンになったと発表しました。

タウン・トゥン議長は「ミャンマーは、貿易や投資の分野においてアジアの中心地となるだろう。交通や電力などのインフラが不足しているが、これを投資のチャンスと捉えてほしい。ミャンマーには創造力豊かな若者が豊富にいる。今こそ、ミャンマーに投資すべきときが来た」とスピーチで述べられた。
7月20日にタイ・バンコク市内のシャングリラホテルで開催されたフォーラム「ミャンマー・インサイト2018」で発言したものを7Day Daily紙が7月22日に伝えた。

■■■ ご依頼頂ければTCMミャンマーより、外資が押し寄せる。「アジア最後のフロンティア」と言われて7年が経過したミャンマーの現状。まだ今からでもビジネス参加に間に合う!?…本当のミャンマーの姿」をお話しさせて頂きます。

海外ビジネスの中でも比較的難易度が低く感じるアジアへの投資先として、また国内の人材不足を補完する技能実習生の送り出し先として、最近は中国→ベトナムからミャンマーへとの声が多く聞かれます。       最新のミャンマーの概況から政治、経済、文化を、そして日本人と相性が良いと言われるミャンマー人の気質について解説します。 ミャンマー経験20年以上のコンサルタントが、その付き合い方とそこでのビジネス成功の秘訣を貴社の勉強会・セミナー等でお伝え出来ますので、是非ご依頼頂けますようお願い申し上げます。■■■


 « 次のページ
Page 1 of 212